車買取横浜 中古車を高く売る方法やコツを紹介

車買取横浜では中古車を高く売るための方法を中心にコツなど売却するためのテクニックを紹介しています。

中古車の、未使用車購入に際しての損得を検証する方法を解説

未使用中古車とは

メーカーの販売実績の調節弁的な存在

 

 

未使用中古車とは、実装距離が数十キロ程度の未使用者の新車を販売店などが自社名義で登録しただけで中古車としては流通させたもの。

 

厳密に言えば一般の中古車と同じ扱い「登録済み未使用車」と表現されることもある。

 

自社名義での登録のため、必要な諸費用は全て当該販売店がするのが原則。

 

未使用中古車専売店の折り込みチラシやホームページは「メーカーが販売実績を稼ぐためにナンバープレートだけをつけて中古車として流通させていている。」などと公然と紹介されている!

 

メーカーや業界団体からのクレームもなさそうなので、未使用中古車の最大の存在理由としては間違っていないようだ!

 

未使用中古車が目立って流通しだしたのは約10年前当時は不健全などとその存在を批判する動きもあったのだが、今では自動車流通の重大な担い手となり市民権を得ている。

 

メーカー間での販売競争が激しい軽自動車の未使用中古車の流通が特に目立つ。

 

細菌ではコンパクトミニカーやミニバンなどの登録乗用車や、海外メーカー車などの未使用中古車の存在も多く。

 

なかにはダンプカーなどの商用車まで存在してその種類は拡大の一途を辿っている。

 

 

長所&短所

一同に比較検討できる専業店はなかなか便利

 

誰も使っていない新車にナンバープレートを付け替えただけというのが未使用中古車ゆえに一般の中古車に比べて個体差がなく現車チェックを入念にする必要がないため、新車購入に誓いスタイルで購入検討することができる。

 

また未使用中古車専業店では、全国各地に存在している。

 

そこには軽自動車ならワゴンR・ムーブ・デイズなど各メーカーのモデルが一堂に会しており、比較的検討することができるのもメリットのひとつだ!

 

専業店の購入ではメーカー保証などに不安の声もあるが、これは代行費用が取られるものの、専業店がメーカー系販売店に当該車両を持ち込み、保証経書可能なモデルかどうかのチェックと手続きを行ってくれるので問題はない。

 

メンテナンスは、購入した専業店で受けるケースも多いがもともと専業店自体の経営日母体が整備工場やガソリンスタンドを展開していることも多く「メンテナンスプラン」や「短時間車検」などメーカー系販売店ばりにサービスメニューが充実しているから、問題はないといえよう。

 

気になるのは専業店での販売諸費用などメーカー系販売店では聞きなれない諸費用が存在することがある。

 

業う車間での販売競争激しくなっており、得意な諸費用を徴収する店減っているようだが、とりあえず見慣れない諸費用だあったらその存在の理由などを確認して欲しい。

 

新車に比べると納車が早いのをメリットとして専業店もあるのですがメーカー系販売店で聞いたところ「軽自動車なら在庫車があれば2週間でも新車も納車可能になる!

 

名義変更だけですむ未使用中古車と新車間に、納車期間は大きな差はないようだ。

 

 

損得勘定

金銭的なお買い得感はわずかなもの

 

今回は新車販売店でワゴンR・FZの新車と未使用車の両方の見積もりを取ってみた!

 

未使用中古車は、たいてい初年度登録から3ヶ月から半年以上経過している。

 

これは直近で登録から3ヶ月から半年以上が経過している。

 

これは直近で登録した未使用中古車では、新車と比べた時の大買い得感がうすいため、しばらく寝かせていると考えられる!

 

未使用中古車が広まってきた当初は一度販売店などが自社の名義でナンバープレートを習得している新車購入と違い自動車重量税がかからなかったり、取得税負担が軽かったりするなど、諸経費負担が少ないのが大きなメリットだった。

 

しかしエコカー減税制度が始まり免税対象者は大きなメリットを失っている。

 

そのため千仰天の多くは新車と比べたときのお買い得感を高めるために価格設定を下げてより薄利多売に走る傾向がある。

 

自動車販売だけでは、立ち行かないという事情は新車販売と同じでメンテナンスや物販で利益確保を図ろうとしている。

 

上を見てもらえば分かるが結果として新茶のほうが支払い総額は安くなる、これは新車が付属品合計額から計13万円が値引きされているの地域限定の特別車だったから、未使用中古車は昨年9月に届出されたもので、車両価格が減価償却分として10万円程度安かったが、新茶では大幅値引きになっていた付属品が計上されたので、未使用中古車のほうが高くなったのだ!

 

仮に新茶の付属品値引きを計上して一般的な本体値引きがあった場合未使用中古車より約7万円高くなると試算できる!

 

つまり新車に比べ金銭的には未使用中古車は、数万円程度のお買い得になる程度。

 

今回のように新車特化車がそんざいすれば割安感がすぐに逆転してしまう。

 

新車販売店では、未使用中古車ではなく市場や代車用に自社登録した車両を巣高校1000キロ以内程度の中古車にして積極展開していることも多い!

 

こちらのほうが未使用中古車より買い得感が高く専業店への対抗という意味でもその効果が大きいように感じた!