車買取横浜 中古車を高く売る方法やコツを紹介

車買取横浜では中古車を高く売るための方法を中心にコツなど売却するためのテクニックを紹介しています。

OEM車の基礎知識!メリット・存在・供給元・供給先の関係

OEM意外に知られていない

OEMとは、自動車業界に限らず世の中の多くにOEM商品が溢れている

 

中古車市場にもOEMの車が多数流通しているまずはOEM車の基礎知識をこちらでいろいろと勉強しよう!

 

 

OEM者には様々なメリットがあるのです!

OEMは、供給先と供給元の両方にメリットがあるのです。

 

車の場合は新型車を設計・開発するには相当のコストがかかる特に

 

初期番だともうすごくお金がかかるのが一般的である。

 

供給先はこれが削減できるのでお得に、一方で供給元は

 

自社製さらにOEMの車が売れれば(どちらか一方でもいい)

 

工事の稼働率が上がり、部品の原価コストが下がる。

 

近年メーカーの間でOEMが増加傾向にあり提携関係にある

 

自動車メーカー同士のOEMをはじめ、自社で軽自動車をもたない

 

日産やマツダがスズキから配球を受けるなどその種類は多岐に渡る。

 

ユーザーにとってのメリットは購入時の選択肢が増えるという事だ。

 

基本的に中身は同じですので、ベースモデルの性能を堪能できると

 

いうのもOEM者を選ぶ理由にもなる!

 

 

なぜOEM車が存在している?

トヨタのピクサスシリーズを例に挙げますと「軽自動車しか売れない

 

地域がある」という理由で導入した経緯はあるようにOEM車が販売されているのは

 

「お客様にニーズがあるから」に他ならないと思うんだ。

 

自社のラインナップの拡充を図り、販売台数を維持するという狙いもある。

 

 

OEMの供給元と供給先の関係を知ろう

トヨタ/ダイハツ/昴3社の提携関係にある事から、OEMのみならず共同開発も行っている!

 

スズキと日産、三菱と日産は、相互にOEM配給を受け合う事で

 

開発コストを制御しながら、自社にない製品の拡充を測っている。

 

ホンダもかつてはいすゞとOEM関係にあったが現在はOEM者の扱い、他社への供給はしていない。