車買取横浜 中古車を高く売る方法やコツを紹介

車買取横浜では中古車を高く売るための方法を中心にコツなど売却するためのテクニックを紹介しています。

安いなら買ってもいいのか!? 末期モデルのメリットorデメリット

末期モデルの損得勘定について記載すべし乗りつぶすなら価格重視で安いからかうことは果たしてメリットかデメリットか?

 

そもそも末期モデルとは何?についてお答えしていくね!

 

末期モデルとは?

営業者の世界では当たり前の存在

 

厳密にな意味での末期モデルとはフルモデルαマイナーチェンジや改良が迫るモデルのことを島します!

 

モデルレンジの長短は関係なくご長寿モデルとも言われているロングレンジモデルを中心に紹介していく事にするロングレンジモデルにはいつ生産を終了となってもおかしくないモデルも数多くラインアップされているからだ。

 

「末期モデル=ロングレンジモデル」の定義は概ね現行型が登場してから3年以上が経過したモデルとする。

 

3年も経過すればマイナーチェンジが行われておりモデルとしては、熟成期に入っているからだ。

 

バブル経済期などがんがん売れていたころは、新型モデルとしてデビューして次期型へバトンタッチするモデルサイクルは、4年スパンが一般的だった。

 

しかし継続的な新車販売不振が続く現在ではモデルサイクルは長めで、量販モデルでも5年サイクルが珍しくない。

 

中にはトヨタのセンチュリーのようにあらかじめロングレンジを想定したモデルもあるがこれは特例中の特例!

 

自家用車の世界では末期モデルはネガティブイメージが強いようでだが、営業車の世界ではトヨタのハイエースが11年目

 

マツダのボンゴバンが16年目

 

トヨタのクラウンコンフォートは20年目を迎えている!

 

長く生産する間にブラッシュアップを行い熟成させていくには、決してネガティブなことではないのです!

 

 

末期モデルのメリット

乗りつぶす覚悟があれば選択肢としてはあり

 

長い間生産を続ける間にマイナーチェンジを含めて数多くの改良を重ねておりモデルとしての完成度がかなり高いのは確か。

 

もちろん法規改正に対応していなければ継続的な生産ができないのでその点は問題なし!

 

新鮮味がうすく販売の勢いはトーンダウンしているので、一般的に値引きが拡大しているのも魅力のひとつだ。

 

もちろん新型車に比べれば納期も早まる傾向になり、長く乗るには最適なのだ。

 

またモデル末期に設定される特別仕様車はお買い得だと感じることができるのでオススメのモデルになる。

 

 

 

メリットまとめ

  • 度重なる改良で完成度が高い
  • 値引き条件は、拡大傾向が一般的
  • 納車も新車に比べると早い
  • 長く乗る人にオススメ
  • 買いとくな特別仕様車に注目

末期モデルのデメリット

見劣りする部分が我慢できなくなるかも

 

もっtも気になるのはリセールバリュー理由は、末期モデル購入後にすぐにモデルチェンジが行われたりロングレンジなので同型車の中古車流通台数が多くなっていたりするからだ!

 

短期代替えもおすすめできない!

 

さらに法規対応はしているとはいえ、最新の安全装備などは未装着。

 

装備面での見劣りは避けられない。

 

燃費など環境性能も見劣りしエコカー減税の恩恵も不十分でですしまた改良のたびに細かい装備が省かれる!

 

改悪のケースもあるので注意。

 

古くさくみえるので飽きが早まる可能性もある!

 

 

デメリットまとめ

  • リセールバリューは諦める
  • 短期代替はオススメできない
  • 安全装備面で見劣りする
  • エコカー減税の恩恵が少ない
  • 改良ではなく改悪に注意